HOME  >  博多よかばい放浪記  >  博多法人会  >  税務調査について


博多法人会


HOME  >  博多よかばい放浪記  >  博多法人会  >  税務調査について

税務調査について

福岡県法人会青年部連絡協議会にて、福岡国税局
法人税課課長補佐の阿川恵子さんが、「これまでを
振り返って」という演題で講演されました。


100629-01.jpg


とても面白い内容でしたので、ブログにてお伝え
したいと思います。

パーマネントトラベラーという人達がいる。暑いときは
涼しい国に居て、寒いときは、暑い国にいる。1年を
通して、どこの国にいるかわからない人の事で、
会社を海外に作り、そちらに利益を流し、なるべく
税金を納めないようにする人たちの事なのそうだ。

昨年の脱税は290億円。段ボール箱に10億円、
ドラム缶に8億円を隠している…等があった。

ある八百屋さんの話。
汚い格好の奥さんは、いつも薄汚れたビニール袋を
持っている。しかし、その奥さんの後をつけてみると、
銀行に入るや否や、背広の男性社員は起立して
最敬礼をした。それを見て、たくさんの貯金をしている
ことがわかった。阿川さんたちは、この奥さんへ
適正申告をするように指導した。

阿川さんは、「調査をしてみて感じることは、会社の
健全化が大切という事です。人間であれば、健康
診断と同じ。悪い場合は、早急に措置が必要です。
会社も同じなのです。」と、語った。

阿川さんのおじいさんの会社の話。
会社をぐうたらに経営していた。上手く行かなくなり、
いろんな所から借入をしていて、お父さんが保証人に
なっていた。バスの運転手をやっていたが辞めて、
おじいさんの会社を立て直す為に会社を手伝うことにした。
毎日、朝早くから夜遅くまで頑張った。しかし、十数年
経ってから、体調が悪くなった。


100629-02.jpg


調査も同じ。悪いところを見つける仕事をやっている。
社員の横領も何回も見つけた。経費の使い方を
指導することもたくさんある。

査察する側も大変なのだ、という事が良くわかりました。


トラックバック(0)

トラックバックURL:

コメント(1)

コメントする




2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ

最近のコメント