HOME  >  管理・オーナー様へ  >  安定した家賃収入


管理・オーナー様へ


安定した家賃収入


kanri-tainouzu.jpg

家賃滞納が発生した場合、管理会社はどのような対応を
行っているのでしょうか?

現場の動きを段階順に見てみると下記のようになります。

1 契約者本人に電話連絡をする。
2 回答が無い場合、勤務先へ連絡をする。
3 契約者の部屋に家賃滞納している内容の説明文を送付する。
4 本人とコンタクトが取れない、またはコンタクトが取れても
家賃の入金が確認取れない場合連帯保証人に連絡を入れる。

多少順番は変わるかもしれませんが、家賃滞納の対応の基本と
なるのはこのような流れになっています。

では契約者または、連帯保証人と連絡が取れない場合どのように
しているのでしょうか?
契約者と連帯保証人に電話または契約者の部屋へ訪問しているのが実情です。
管理会社では、このような作業が行われています。

当社滞納保証システムにより、今までのような胃の痛くなるような作業の
必要がなくなり、安定した収入をお約束します!


例) 管理会社A

1 契約者本人に電話連絡をする。
2 回答が無い場合、勤務先へ連絡をする。
3 契約者の部屋に家賃滞納している内容の説明文を送付する。
4 本人とコンタクトが取れない、またはコンタクトが取れても
家賃の入金が確認取れない場合連帯保証人に連絡を入れる。

滞納が重み、強制退去通知

明渡し訴訟
※平均4ヶ月の期間を要する

結果、明渡しまで4ヶ月間家賃が入金がされないばかりか、残債、残置物を残し退去というケースが起こります。


当社は家賃保証をしておりますので、上記のような心配はありません。